いしかわナビ

沢井八幡神社

沢井八幡神社にある「波乗り兎」。この像の台には、「天保14癸卯年(1843)8月15日 奉納 角田定右衛門」と刻まれています。石工名は刻まれていませんが、「工房・石福貴」初代親方「小松利平」の作品と推定されています。天保14年は兎年。子供の健康と発展を願って、おめでたい波乗り兎像を中秋の名月(8月15日)に奉納したのです。この沢井八幡神社の波乗り兎像は、両耳をピンと立てた兎像として、他に類を見ないものです。兎の細く長い耳を石から彫り出す事は至難の業で、よほど腕が良くないとできないこと。残念ながら現在ではすべて折れてしまっていて取れた耳が1本残っているだけです。耳が立っていたときの姿を想像すると、この像がいかに貴重なものか実感できます。石川町の隠れた宝物であります。

この兎像のすぐ前に1865年建立の狛犬があります。この狛犬もまた、利平の工房で彫られたと思われる作品となっています。

所在地 福島県石川郡石川町大字沢井字舘94
連絡先 0247-26-9113(石川町観光物産協会)

ページトップ