いしかわナビ

2,000本の桜でピンクに彩られた石川町。
歩いて愛でる「いしかわ桜めぐり」

毎年、桜の咲く季節になるとワクワクしませんか?
石川町の春は、一気に桜色へと変化します。江戸時代から「桜谷」と呼ばれて親しまれる並木道や一本桜が町のあちこちに点在し、その数はなんと2,000本以上。儚くも美しい桜の花がたくさんの人を魅了し、ピンクに彩られた石川町はひときわ賑わいを見せます。
桜まつりやライトアップも開催するので、町内の桜スポットをめぐりながら、プチ旅気分を盛り上げよう!

大人も子どもも感動した「今出川・北須川」の桜並木

石川町の中心部を流れる今出川と北須川。2つの川を縁取る桜は約7km近く続き、川の両側に覆いかぶさるように満開の桜が並んでいます。まさに“桜谷”と呼ばれるにふさわしい絶景で、あまりの美しさに時が止まってしまう感覚に。ゆっくり散策したい風景が目の前に広がります。
「桜谷」は、江戸時代に詠まれた「静けさや散りすましたる桜谷」という俳句に由来するそう。静かな谷は、桜の季節になると、地元の物産品の販売なども行われ、家族連れやカップルなどで大賑わい。石川町の春の風物詩になっています。
写真は、「ふなっこ広場」と呼ばれる付近。奥に見えるのは本宮橋。川面に映る桜もまた、風情があって美しい!

昼も夜も楽しめる“お花見スポット”「あさひ公園」

今出川と北須川の合流付近にある「あさひ公園」。河川敷は公園として整備され、ベンチや堤防の階段があるので、ゆっくり桜を眺めながら散策を楽しめます。お弁当持参で、のんびりお花見を楽しむ家族連れもたくさん見かけました。
夜はライトアップされ、昼とは違う幻想的で優美な表情を見せます。あさひ公園のライトアップは、例年4月1日?30日まで(予定)行われるので、夜桜見物もおすすめ!

県指定天然記念物、樹齢約500年のエドヒガンザクラ「高田桜」

あさひ公園から北へ、車で約4分。左手に「高田桜」の標識を発見。樹齢約500年のエドヒガンザクラの「高田桜」は、石川大和守昭光がこの地を領した際に植えたと伝えられます。幹囲6mを超える一本桜は、県南地方では、三春の滝桜に次ぐ名木で、福島県の天然記念物にも指定されています。町内で一番早く花を付け、堂々とした見事な立ち姿を見上げると圧倒されます。

母畑湖の湖岸に咲く「レークサイドセンターの桜」

自然林に囲まれた母畑湖の湖岸に位置し、遅咲きの桜を堪能できる絶好のロケーション。遊歩道もあるので、桜を愛でながら、お散歩気分を満喫できます。夜はライトアップされ、澄んだ夜空に星が輝く中で、しっとりと夜桜を眺めることができます。

「いしかわ桜めぐり」のおすすめポイント

ファミリーや仲間でワイワイ派

河川敷が「あさひ公園」として整備されているので、休日のお出かけにぴったり!お弁当を持参したり、地元のお菓子屋さんで“花見だんご”を購入したり、それぞれの楽しみ方でお花見を満喫できます。桜まつりも開催されるので、盛り上がりますよ。

女子旅やカップルでほっこり派

ライトアップされた桜の幻想的な風景は、とてもロマンチックで素敵!澄んだ空気の中で、美しい夜桜を楽しめます。せっかくだから、石川町の温泉に泊まって、湯浴みと美味しい料理を堪能するのもおすすめ!

桜並木から一本桜まで。ほかにもまだまだ、石川町には桜スポットが満載!
詳しくはこちらへ
http://www.town.ishikawa.fukushima.jp/sakura/

<お問い合わせ>
石川町地域づくり推進課
TEL.0247-26-9111
石川郡石川町字長久保185-4

ページトップ